TwitterGadgetの使い方 スムーズに公式RTするには


公式RT対応になりました。
別のページで説明を書いたのでそちらをご覧ください。
リツイート(RT)説明


TwitterGadgetは公式RTに対応していません。
公式RTしようと、ウェブでTwitterにアクセスしてタイムラインを見てとかしているともうそのつぶやきは過去のログに流れていってしまっているかもしれません。
そこでスムーズに公式RTする方法として、つぶやきの後にある投稿時間をクリック

投稿時間をクリック

投稿時間をクリック


するとブラウザでそのつぶやきだけのページが開きます。
公式RTをする

公式RTをする


あとは普通に公式RTすればいいわけです。

早く公式RTに対応してほしいですね。

使い方一覧に戻る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です