Janetterのアイコンを大きくするユーザースタイルシート


Janetter

Janetter

Twitter専用クライアントは『Janetter』を使っています。(TwitterGadgetは出先とかブラウザでアクセスするしかないとき用)
使い勝手のいいJanetterですが、タイムラインに表示されるアイコンサイズに不満があったので
ユーザースタイルシートを使用して表示をカスタマイズしました。

個人的にタイムラインのアイコンは凄く重要視していて、クライアントによっては省スペースのために縮小されてたり、GIFアニメーションに対応してなかったりなのでそういうのは使う気になれませんでした。
その点JanetterはGoogle Chromeで使われてるWebKitベースなのでGIFアニメに対応、外観はCSSでデザインされていてユーザーによって変更可能ということで使い始めました。

普通のJanetterがこれ。
通常Janetter

通常Janetter

アイコンは縮小されていて角も丸みが付いているので画像が端まで見えません。
これをユーザースタイルシートで変更して
変更したJanetter

変更したJanetter

アイコンを拡大しウェブで表示されるのと同じ48px×48pxに、角の丸みも無くしました。

縮小されると滲んで台無しになってしまうドット絵のアイコンもシャキッと綺麗に表示されるようになりました。
左:変更前 右:変更後

左:変更前 右:変更後


ユーザースタイルシートは全てのテーマに適用されます。
Bubble

Bubble


Sky

Sky


Simple

Simple



ユーザースタイルシートの記述は以下のとおりです。
もし使うのなら枠内のをコピーして“%APPDATA%\Jane\Janetter2\UserStyleSheets”内の『Custom.css』へペースト。
/* ---Timeline--- */

/* style.css */
.main-profile img{
	-webkit-border-radius: 0;
	width: 48px;
	height: 48px;
}
.sub-profile img{
	-webkit-border-radius: 0;
	width: 30px;
	height: 30px;
}
.sub-profile-dm img{
	-webkit-border-radius: 0;
	width: 30px;
	height: 30px;
	margin-left: 12px;
}
.tweet-box{
	margin: 0 0 0 60px;
	padding: 0 0 0 2px;
	word-break: break-word;
}

/* tweet.css */

.main-profile{
	height: 53px;
}
.profile-box .icon-rt{
	position:absolute;
	top:53px;
	left:33px;
}

/* ---Profile--- */

/* prof.css */
.prof-header .icon_l {
	float: left;
	width: 100px;
	height: 100px;
	-webkit-border-radius: 0;
}
#user-info img.icon_s{
	display: block;
	float: left;
	width: 48px;
	height: 48px;
	-webkit-border-radius: 0;
}
または下記リンクからCustom.cssを保存してUserStyleSheetsフォルダに保存してください。
Custom.css をダウンロード Custom.css をダウンロード
※クリックすると普通に表示してしまうので、右クリック→保存。

【追記】Version 4.0.0.0b4 の変更によりリツイートした人のアイコンが重なってしまうのを修正。

関連記事

Janetterのアイコンを大きくするユーザースタイルシート” への2件のコメント

  1. ピンバック: 2014年01月05日(日)の日常 - okaz::だめにっき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です