Linux Mint 12 をUSBメモリにインストールする


Linux Mint 12 LiveDVD

Linux Mint 12 LiveDVD

Linux Mint 12 をLiveDVDで触ってみてわりと良い感じだったのでUSBメモリにインストールしてもう少し使ってみることにしました。
今回もUbuntuのときと同様、USBメモリをパーティションで分割し、一方にLinux Mint をインストールし、残りはWindowsやMacからファイルを保存できるストレージ領域にします。
Linux Mint はUbuntuをベースに作られてるだけあって作業方法はほとんど同じですが、LiveDVDが日本語Remixではないのでそこに少し違いがあります。

USBメモリをフォーマットする
Menuからパーティション編集ツールの『Gparted』を起動。
日本語Remixではないので英語ですがシンプルなアプリケーションだしやることは同じなので問題ないです。
Menu > Other > GParted

Menu > Other > GParted


デバイスをUSBメモリに切り替え。
デバイスをUSBメモリに切り替え

デバイスをUSBメモリに切り替え


既存のパーティションをDelete。
既存のパーティションをDelete

既存のパーティションをDelete


Newで新規パーティションを作成。
まずはストレージ領域を、今回は8GB分作成します。
New size (MiB): 8192
Create as: Primary Partition
File system: fat32
ストレージ領域を作成

ストレージ領域を作成


残り領域全部をLinux Mint をインストールする領域にします。
New size (MiB): 7103
Create as: Primary Partition
File system: ext4
Linux Mint インストール領域を作成

Linux Mint インストール領域を作成


Apply All Operations でフォーマット開始。
フォーマットを実行

フォーマットを実行



USBメモリにLinux Mint 12 をインストールする設定
デスクトップの「Install Linux Mint」をダブルクリックしてインストーラーを起動。
日本語を選択して[ 続ける ]。
ここで日本語化されるので後はUbuntuと全く同じ作業になります。
ようこそ

ようこそ


Linux Mint のインストール準備。
確認して[ 続ける ]。
Linux Mint のインストール準備

Linux Mint のインストール準備


インストールの種類。
「それ以外」を選択して[ 続ける ]。
インストールの種類

インストールの種類


インストールの種類。
ext4でフォーマットされているのを選択して[ 変更… ]をクリック。
インストールの種類

インストールの種類


パーティションを編集。
新しいパーティションのサイズをメガバイト(1000000バイト)単位で指定する: 7448 (最大、そのまま)
利用方法: ext4 ジャーナリングファイルシステム
パーティションの初期化: チェック
マウントポイント: /
パーティションを編集

パーティションを編集


ブートローダをインストールするデバイスを選択。
USBメモリのルートディレクトリ(デバイスの容量が表示されている)を選択。
ブートローダをインストールするデバイス

ブートローダをインストールするデバイス


内容を確認して[ インストール ]。
※ここで設定を間違えてインストールするとLinux Mintが起動しないどころか、ブートローダが書き換えられてそのPCで使用してるWindowsが起動しなくなってしまう場合があります。
設定完了

設定完了


スワップスペースを作ってないので聞いてきますが作らないで進めるので[ 続ける ]。
スワップスペースの確認

スワップスペースの確認

インストールが始まります。

ユーザー情報登録
ユーザー情報登録もインストーラーを日本語でスタートしたのであらかじめ日本向けの選択がされています。

どこに住んでいますか?
Tokyoで[ 続ける ]。
どこに住んでいますか?

どこに住んでいますか?


キーボードレイアウト。
日本語>日本語で[ 続ける ]。
キーボードレイアウト

キーボードレイアウト


あなたの情報を入力してください。
情報を入力して[ 続ける ]。
あなたの情報を入力してください

あなたの情報を入力してください


インポートするアカウントの選択。
何もインポートしないのでそのまま[ 続ける ]。
インポートしたいアカウント

インポートしたいアカウント


Linux Mint へようこそ。
インストールが完了するまで待つだけです。
Linux Mint へようこそ

Linux Mint へようこそ



USBブートする
起動しました。成功です。
Linux Mint 12

Linux Mint 12

インストールするときに日本語を選択していたので、表示の一部は日本語になっています。
でもホントに一部だけでほとんど日本語にはなっていないので、次は日本語化とか利用環境を整えていこうと思います

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です